気ままにつまみ食い

仕事から趣味まで広く浅くつまみ食いしていくブログです。最近はボルダリングに夢中

【しゃっくり撃退】びっくりさせるとかはもう古い!医学的に効き目があるかもしれないしゃっくり対処方法【医療】

f:id:kusao-ra:20160817100957j:plain

こんにちは、草オーラです!

 

先日バンド仲間が『しゃっくり止まらんからなんとかしてーや』ということなので爆音でハウリング音を聞かせたら自分の耳もイカれてしまったんですよね。

許すまじ、しゃっくり!(違)

 

しゃっくり、百回すると死ぬとかいう迷信もありますが自力でなんとかするには少々骨の折れる症状ですよね。

 

今回はそんな『しゃっくりの対処方法』です!

 

しゃっくり(吃逆)とは

そもそもしゃっくりは横隔膜の痙攣と声帯が閉じることで起こる現象で不随意運動の一つになります。

原因は様々で、食事をしたものが喉に残ったり食後や飲水後の胃の膨らみが横隔膜を刺激して痙攣を起こしたりすることもあります。

なかなか予防は難しいので対処方法を幾つか覚えておく方が効果的でしょう。

 

しゃっくりの対処方法

驚かせる

これほど効果が薄い対処方法は他にない気がしますね。

人によってはカウンターで顔面殴られる可能性もあるので使う際は十分注意しましょう。

 

コップ一杯の水を一気飲み

冷たい水を飲むことで喉から神経を刺激して止めるとか言われてますがこれやってうまくいった人教えてください!

少なくとも私は止まりませんでした

(白目)

 

コップの水を反対側から飲む

これ最初わけわからんかったんやけど要するに『お辞儀をした状態で飲む』ってことらしい。

うまく飲まないと鼻に水が流れ込んでえらいことになるのでこれもオススメ度は低いです。

私は吐き出しました(汚)

 

ここまでは迷信系のお話でしたが、ここからは医学的に効果があるとされる対処方法です。

耳押し法

両耳の奥を人差し指で三十秒ほど刺激することで効果が得られる方法です。迷走神経を刺激することで過活動している神経を抑える効果がありますね。

某番組でも取り上げられて一番知られている対処方法ではないでしょうか。

ただ喘息などの呼吸器系や不整脈などの循環器系の疾患がある人は体調が悪くなる人もいるので注意しましょう。

 

バルサルバ法

え、なにこれ。。。って人がほとんどでしょうが、とても簡単。

息を止めて力む。これだけです。

力んだ後に息を吐くことで血流が解放されることで心拍数を落ち着かせる効果があるのですが、これが迷走神経を刺激する効果もあるのでしゃっくりにも効果があるようですね。

 

実はしゃっくりに使う薬があります。

漢方薬で柿のヘタが配合されたものはしゃっくりに効きます。また筋肉の緊張をほぐす芍薬甘草湯という漢方も使われることがあります。

普通の錠剤では吐き気止めのプリンペランなどもありますね。

ただ、これらは本当に止まらない時ですね。飲まないに越したことはありません。

 

酢ですか?!って私も聞いちゃいましたね(笑)

少量で大丈夫、酢を飲むことで喉が刺激され迷走神経に刺激を与えるようです。

黒酢とか飲むと体にもいいし効果的かもしれませんね。

 

まとめ

しゃっくりを止めるには迷走神経を刺激しろ!

というのが一般的に医療系で考えられる対処方法ですね。

民間療法の中には理にかなったものもあるでしょうが、まずは医学的根拠のあるものを試してみるのもいいのではないでしょうか!

 

あ、乳児や小児にはオススメしません。別の原因が考えられますし、下手に刺激をするよりもかかりつけの医師から対処を教えてもらいましょう。

 

それと長引くしゃっくりも要注意です。肺関係の疾患などの可能性もあるので2日連続している場合は受診しましょう!