気ままにつまみ食い

仕事から趣味まで広く浅くつまみ食いしていくブログです。最近はボルダリングに夢中

【自動車保険見直し】年一回の自動車保険見直しで支出改善!

f:id:kusao-ra:20160805134557j:plain

こんにちは、草オーラです!

 

昨日は突然の保険代理店からの電話で『あ、自動車保険満期で継続するか決めてないや』とうっかりさんをカマしていたのを思い出しました(汗)

 

2年ほど前に関西から田舎に出戻ったのですが、すぐに仕事に取り掛かる必要があったんですよね。

しかし私がアホだったんですが、バタバタしてたせいで足の用意をすっかり忘れていまして、見かねた親戚が『一台譲ったるから自分で名義変更してな』と太っ腹なことをしてくれました(涙)

8年落ちヴィッツさんとの出会いですね。

もともとベッコベコだったんで(結構運転荒かったんすね。。。)修理無しでOKということで譲っていただきました(いくらか包んだよ)

保険は幸運にも実家に眠ってた20等級保険があったのでそいつを復活(ラッキー!!!)

そこから2年、今回は嫁との生活で初めての保険見直しということなので色々調べて保険会社を変更しました!

 

マイカー所有の皆さま、年数万円の出費はなかなか痛手ですよね。。。

今回代理店型から通販型に切り替えたのでその辺りのお話をしたいと思います!

 

代理店型自動車保険

以前は東京海◯日動さんのお世話になっていましたが、この保険、親が前から付き合いのあるディーラーさんから使ってたやつみたいなんですよね。

通販型が出てきたのってここ10年以内なイメージなので、ほとんどは代理店型を利用していた人が多かったのではないでしょうか?(違ったらすいません)

 

基本的に自動車保険以外の保険も扱っているところが多いので、家全般なども含めた保険関係を相談できるメリットはあるかもしれません。

手続きも大体代行してくれるみたいですね。

 

通販型自動車保険(ダイレクト型自動車保険

CMでも色々宣伝してますが、調べて思ったのは基本的に安い!

手続きだったりもネットで済むのでとても手軽です。

オペレーターに電話すれば基本的なことも確認してくれますね。

正直代理店手数料ボラれてる感が。

 

見積もり

今回はネットで評判を見て何社か絞ったりもしたんですが、最初はよくわからんかったのでinswebとか楽天の一括見積もりを使ったりもしました。

10何社分一気に見積もり取れるので、ほぼ同じ条件での金額を確認するだけならめっちゃ楽ですね。

通販型と合わせて代理店型も見積もり取れます。

 

通販型も金額はピンキリです。

なんでこんな高いんや!と思うところもありますが、特約だったりの割引率が違うことは大いにあります。

 

そんな中、今回の選んだのはチューリッヒイーデザイン損保東京海上日動です。

 

安さだけで見たら他にもあったんですが、ネームバリューや事故オペレーターの対応の口コミなど総合してこれに絞りました。

 

補償内容

今回のヴィッツ君は主に嫁さんが乗ります。

基本的に他の人に運転してもらうこともないのと、8年型落ちで後何年かで乗り換えも検討しているので以下の補償内容にしました。

対人・対物保障責任・・・無制限

搭乗者傷害保険・・・1000万

人身傷害補償保険・・・あり(5000万)

無保険車事故傷害補償・・・2億

車両保険・・・なし

弁護士費用特約・・・300万

運転者限定特約・・・夫婦限定

運転者年齢条件・・・2◯歳以上(嫁のプライバシーのために)

 

大体こんなところを目安に見積もりを取りました。

基本的には前回使っていた保険内容をベースにしたもので特約をつけていくら変わるかを見ています。

 

実際の金額などは等級や免許のカラー、年齢で変わるので自分で見積もると確実ですね。

 

比較結果

金額

イーデザイン損保

チューリッヒ

東京海上日動

これは妥当な結果でしたね。

気になる差額は大体15000〜25000円の差が出ました!

 

補償内容

ざっと見ましたが自分が欲しいなと思ったやつは概ねあったのでそんなに差はないのではないでしょうか。

あとは実際に利用した場合に感じるのでしょうが、利用しない方が本当はいいんですよね!(当たり前)

 

まとめ

やっぱり通販型(ダイレクト型)は代理店介さないぶん安いです!ネット割引も基本的に導入しているところも多いので、断然安さを選ぶならこちらですね。

代理店型は個人的に『昔嫌な思いした』ってことがあるので私情が挟まりますが、公正な比較ができたかと思います(真顔)

いい担当者さんに当たれば代理店型もいいかもしれませんけどね。

今は補償内容なども頻繁に変わったりするので、『満期、免許書き換え、年齢変更』この3つのどれかに当てはまるなら見直しをかけると一気に安くなります!

是非チャレンジしましょう!