気ままにつまみ食い

仕事から趣味まで広く浅くつまみ食いしていくブログです。最近はボルダリングに夢中

【夢と挫折】書き上げたら全然面白味もない所感になった(笑)【雑記】

こんにちは、草オーラです!

 

ちょっと、これはタイミング悪すぎないですかね。

 

www.kusa-aura.com

 数日前にネタ使ったばっかりだよ!(涙)

そんなにポンポン出てくるわけないじゃないですか!

 

うーん。。。

 

今日はお題の所感でも書いてみましょうかね。

 

昔から園児〜小学校にかけては何かにつけて『将来の夢は何ですか?』という先生たちからの宿題が出された気がします。今思い返すとだいたい5、6回くらいは夢の内容が変わりましたね(笑)

当時熱中していることに関して、どれだけ現実味のある答えなのかは全く考えなかったのでしょう。親や周囲の大人たちも『すごいねぇ、頑張らないとね』と否定はされなかった記憶があります。

 

しかし個人差はあるのでしょうが、おそらく小学校高学年以降からは『将来の夢』が『実現できる夢』に変わってくる頃なのではないかと思います。

中学受験をするような同級生は地域柄ほとんどいませんでしたが、塾やスポーツなど、それぞれが将来に向けて『継続してやりたいこと』に挑戦する時期に移るんですね。

挫折はこの時期から感じることが多いのではないでしょうか。

挫折

物事に飽きる人は少なくないかと思います。ある一定のラインに到達した時点で満足してしまう、目標としたものに到達せずに途中で投げ出してしまう。どちらも飽きるという内容になるかと思います。

この後者に関して、強い信念を持ったり、希望持って取り組んだことが達成できなかった『失敗』などがターニングポイントになるのではないでしょうか。

 

失敗という事柄に対して、その後の行動につなげられる人は『失敗≠挫折』とはなり、自分の中で消化できずにいる人は『失敗=挫折』につながるのでしょう。

 

振り返れば失敗した後に投げたして『挫折』したことはいくつかありましたが、『挫折以上の成長』を感じた場面は挫折よりも多いです。

 

夢に向かい続けることは難しく、挫折することもあるでしょう。

しかし、夢に向かう道は一つではないはずです。

挫折したまま夢に向かうことを諦めてしまうよりも、模索して挫折を糧にする人生の方が、より豊かな人間になれるのではないかと思います。

 

 

(「夢と挫折」について書いてください)

Netflix火花お題「夢と挫折」

Sponsored by Netflix