気ままにつまみ食い

仕事から趣味まで広く浅くつまみ食いしていくブログです。最近はボルダリングに夢中

【ボルダリング】壁登るぜ!初心者が気になる、ボルダリングとは?【浅いぜー!】

f:id:kusao-ra:20160712131526j:plain

こんにちは、草オーラです!

趣味ボルダリングですって書いたくせにどんな内容がいいか思いつかん!(笑)

 

ボルダリング初心者に毛が生えたようなもんなので詳しく書けたりはしないんだけど、これから始める人に向けて『始めるまでの流れ』、『最低限のルール』、『用語』ここら辺触っていこうかなと思います!

 

とりあえず始めるまでの流れからいってみよー!(やってみよー)

ボルダリングとは

まぁまずはボルダリングってなんやねんってとこからですよね!

ボルダリングはクライミングの一つでロープとかを使わないで自分の体一つで岩場とかを登るスポーツのことです。
具体的に知りたければYouTubeとかgoogle先生で『ボルダリング 向井理』で調べるとイケメンが実際にボルダリングをしているところを見せてくれますよ!イケメンは何やっても様になるね(白目)

どこでできるの?

最近は色んなところに室内ボルダリングジムがあるので『都道府県名 ボルダリング』で調べるとだいたい出てきます!
屋外で実際の岩場を使ってやることもあるのですが、今回は室内ジムに限定しますね!

準備には何が必要?

ボルダリングをする上で必要になってくるのが『シューズ』と『チョーク』です。
ボルダリングは『ホールド』と呼ばれる壁に埋め込まれたやつを掴んで、足で乗ってゴールを目指すことになります。

ですが普通の靴ではフリクション(摩擦)が効かずにうまくホールドに乗れません。
さらにホールドは色んな人が触ったり、気温や湿度によって滑りやすくなってしまうので手汗が天敵!
というわけで、フリクションが効きやすい『クライミングシューズ』、滑り止めに使う『チョーク』(黒板に書くやつじゃないよ!成分違うからね!)が必要になります。

f:id:kusao-ra:20160712133338j:plain

上がチョーク、下がクライミングシューズです。

 

この2つは屋内ジムなら有料レンタルしているところがほとんどなので、初体験の時は手ぶらで行って問題ないです!

服装は慣れないうちは長袖、長ズボンがオススメです。ホールドに腕や膝をぶつけても擦過傷になりにくいですしね!
季節柄、長袖がきついときは半袖、短パンでもいいのではないでしょうか。ジムの中、蒸し風呂ですからね!(笑)

それとレンタルシューズを使うときは靴下をしないといけないところがほとんどなので、くるぶしソックス(フットカバー)を持参するといいですね!

動ける服装と登録料金、施設利用料、備品レンタル料を持っていけばお手軽に始められます!初回でだいたい3000〜400円、それ以降は2500円前後ってとこでしょうかね?
利用時間によって様々なのでよく確認していきましょう!

1人で行って大丈夫?

初体験で1人はなかなかハードル高いかもしれません。しかし大概のジムでは初回時に登り方、登るまでのルールなどをジムスタッフの方が講習してくれるので問題ないです!
もちろん、何人かで行った方が気楽に登れると思うので何人かで誘い合っていくのも楽しいですよね!

まとめ

というわけでボルダリングジムに行くまでに必要な最低限の知識を並べてみました!

ボルダリングは腕だけではなくて、足や腹筋、体幹も使うので結構な全身運動になります。

程よい運動不足解消にもなるので、これから始める人のためにもうちょい続きを書いていきますね!

次は『最低限のルール』と『用語』について触れようと思います!

では!